就任挨拶 代表幹事 西井 英正 image
 この度、仙台経済同友会代表幹事就任にあたって、一言挨拶申し上げます。代表幹事という大役に身が引き締まる思いです。このような大役が務まるような力量があるとは思いませんが、会員皆様のお力をお借りして役職を務めて参りたいと思います。
 私が仙台経済同友会に参加してからそれなりの年数が経ちますが、近年の活動は非常に活発になってきたと感じています。各委員会活動やそれを通じた提言、国内外の視察等、有意義な活動がさらに増えています。  会員間の交流も業種・年齢をこえて行われており、参加される方々にとって価値のある会になっているのではないかと思っています。
 事務局体制も整備され、今般一般社団法人化ということでさらに同友会の体制やコンプライアンスが強化され、同友会が発展する基盤づくりが進みました。
 今後はこれまで培われてきた活動を継承しながら、会の価値を高めていくことが出来ればと考えております。300人を超えた会員ですが、JCやYEG他の青年団体と連携して若手経営者やアントレプレナーの参加を促して、世代、業種をこえた交流・研鑽や東京からの支店長の方々との交流を図り、ビジネスチャンスの拡大を目指します。さらに、宮城県内各地域からの参加を募り、仙台だけでない宮城県全体の同友会だという立ち位置を明確に出来ればと思います。
 また、弊社(弘進ゴム㈱)がメーカーということもありますが、ものづくり企業の会員拡大にも注力していきます。県内各地には素晴らしい技術を持ったものづくり企業が多く存在します。そういったものづくり企業に会員になっていただき、会員同士で情報交換することでビジネス拡大や新しいものの開発、そしてものづくり委員会を通した研鑽活動で競争力強化や付加価値増大につなげて行きたいと思います。
 街づくりや人づくりの提言活動に関しても、各委員会の活動を通して同友会ならではの自由闊達な意見交換を行いながらの提言を引き続き進めて参ります。
 国内視察や海外視察に関しては、コロナ禍の収束状況を勘案しながら検討したいと思います。会員の皆様からの具体的な要望をお聞きしながら、これまでもそうであったように、皆様の仕事にとって有意義な視察を行うよう心掛けます。
 最後になりますが、会員の皆様に「仙台経済同友会に参加して良かった」と感じていただける活動を進めるように努力して参ります。今後とも会員の皆様方からのご指導、ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。